レポを書かなきゃなぁ~と思うものの、今週末の押上イベントへの投稿するネタも考えなきゃいけないし、もしかしたら…当日(※)、ちょっとした○○芸をするかも…などとあれこれ考えていたら、ついついココでの記事は後回しになってます~スミマセン。

※今週の土曜日、半日ほど仕事になりそうという情報もあって(確定ではナイ)、押上会場入りできるかわからない状況なのです。永野のりこ先生の「ハネムーンプラネット」を読み終わったけど、私は告白厨にはなりそうもないです(苦笑)。なので、告白芸ではナイですwww

さて、今回のイベント。
渡米の意思が固まったのが昨年末のコミケ最終日なのでね~
いかんせん、準備する時間が足りませんでした!
なんの?って、そりゃぁ~仕込みの準備ですとよ~
結果、浮かんだアイデアの半分もできなかったです。
それでもNOZOMIさん初め、参加アーティストの皆さんに楽しんでもらえたようで良かったです。

仕込み その1
コスプレ…と言えるほどの気合はないので仮装といったレベルですけど。

・のぞみさんの割烹着姿(あにすた!での仕事着)の再現。
以前にもモモーイのライブでやりましたが、今回は更に身につけるアイテム(黒執事のグレルのバッジ等)を増やしましたw ヤフオクでがんばって落札したのよね~。それでもまだまだ入手していないのもたくさんあります。サイン会の時に私の持っていないグレルのラバーキーホルダーをNOZOMIさんが持っていらしてね、その事をお尋ねしたところ「限定品なんだよ~(エッヘン)」と、得意がられてしまった。ち、ちくしょー!と何故か沸き起こるナゾの嫉妬感に苦笑する自分でした。

・学ラン。
松澤由美さんが主題歌を歌っています「ゲートキーパーズ」から主人公の浮矢 瞬をやってしまいましたー!どーした、俺?と自分にツッコミを入れたいゾ。でも、それほどまでに今回のライブで念願のゲートキーパーズの主題歌を生で聴けることに感激していたわけで…(コミケでご本人にこの歌、唄うよ~とお墨付きをいただいていたのだ)
思えば私の「初」のアニメ作品のキャラコスとなりました~ナハハ。
学ランもオークションで手に入れました。ただ、ズボンのウエストがきつくってね~マイッたよ。インナーマッスルを鍛えるエクスサイズでなんとか乗り切りましたけど…もし、本番のライブでズボンがビリッと破れたりでもしたら「トンでも伝説」をこしらえるところでした。そんな恐怖もあってね~出立前まで仕事から帰宅後、英会話レッスンとウエスト引き締めエクスサイズに励んでいたんだよ。

ヴィッグ装着も初チャレンジでした。本格的なものはお値段が張るので今回は100均ショップで売っていた500円のヴィッグを購入しました。ただ、そのまま被るには髪のボリュームが多いし、明るめの茶髪だったのでね。黒く染めたり、髪の毛をカットしたりと大変でした。けど、ネットで検索するとすぐにHow to法がわかるので助かりましたわ。ハードスプレーで固めるというのも興味はありましたが、今回はテンパリ過ぎていたので見送りました~www

・ライブTシャツをプチ改造
NOZOMIさんデザインのモモーイTシャツとNOZOMI Tシャツにアイロンプリントやちょっとしたアクセサリーを付けてデコってみました。
本当は切ったりしてスタイリッシュなTシャツにも仕立ててみたい願望もありましたが、ネットで見かけた見本のレベルが高すぎてね~ちょっと難易度が高いように思えて実行はしませんでした。

イメージ 1
イメージ 2

仕込み その2

のんちゃん人形の強化?
思えば今回のような旅行において自画撮りするよりも、マスコット的な何かを撮影しながらの方が面白いんじゃないか~?などと思ったのが発端でした。
で、のんちゃんデザインの「トラコス」をチョイス。
ヘボい腕ながらもスカートやブラの一部を手縫いでーす。
もう私、老眼なもんでね~針に糸を通すのもひと苦労でしたよ。糸通しなんぞ買ってがんばりましたわい。

激しく動かしてもビキニ等とか取れてしまわないよう、両面テープでの補強技を用いた為に、2日目のイベント日の明け方、ホテルで2時間ほどかけて仕上げ作業をしてました。

それにしても~実際にこうして布から作ってみるとねぇ~。普段、月に1着、コスチュームを制作しているNOZOMIさんの技量の凄さが身に沁みましたよ。
縫製の技術の他に、なんていうのかなぁ~?完成までの布地の設計図?展開図?ってのがあるじゃない。あれのノウハウっていうかね~ペーパークラフトで言うところの「のりしろ」みたいな部分の計算とか入れて縫ったりしてるんだぁ~とか思うと、ね。私にとっては未知の世界なので尊敬してしまいますよ。

イメージ 3





















仕込み その3

・お手紙&お花。
手紙もギリギリで~というか、イベント初日当日の朝5時頃に起床して書きました(汗)
お花の方は現地入りするまで不透明だったアイデア(※)でしたけど、イベント前日の夜9時頃にホテルにチェックインしてね。その後、夕飯の買出しに近所のマーケットに行ったところ、そこでお花を花束にして売ってたのを確認。あらためて翌朝、マーケットに出向いてお花を3束購入。そしてそのまま花束を抱えてホテルまで帰ったという超恥ずかしいことをしてしまいました。ちなみに同室の友人がまだ眠っている間にこのミッションは遂行されたのでしたw

※うまいこと花屋が見つかるかわからなかったし、イベント初日は仲間たちとタクシーを乗り合いで会場まで行くことになっていたのであまり時間的余裕もなかった。

何故、お花を届けようと思ったのか?
それは~やっぱり、できるだけ演者さんには気持ちよく歌ってもらいたいじゃないですかー。異国の地でパフォーマンスをするということに不安とか緊張とかあると思うわけでね。そういった中で少しでも心の慰めにでもなればいいかなぁ~と、ね。

・サインしてもらうもの

実は私にとってサイン会ってのも初めての体験でした。何にサインを入れてもらおうかといろいろと思案しました。サイン会は2日間あるので両日用にネタを考えてました。中でも今回のような多人数の方の参加するイベントでは寄書きもイイかなぁ~と思いましてね。両開きタイプの色紙を区分けして、それぞれ指定したところにサインを入れてもらおうと考えました~♪…ただ、結果的に2名ほど出演がキャンセルになってしまったので…空いた所がちょっと寂しい感じになってしまったかな。

イメージ 4









色紙の表面がコーティングされてる感じの紙質だったので、金色のマジックペンは乾きが悪いようで選択ミスったかも。ヘタに消しゴムをかけると消えてしまいます(泣)