今日も会社は休業した。
昨日、帰りがけに「今度は会うのは木曜日だね」って言われて
「え!?明日は休みなの?聞いてないよー」となった。
15時の休憩後に上長が現場にきて伝えていったそうだが
その時は自分は休憩時間で現場に居なかったのよね。
(密にならないよう、休憩時間は分散してとっている)

やっぱり転職を決意して正解だったなぁ。
緊急事態宣言が解除されて国内が経済優先に舵をきっても
仕事の受注量減産による「休業」は止まらず。
社員と直雇用のパートさんは10割の休業補償がでてるけど
会社でただ一人、常勤の派遣社員の自分だけが6割補償なのだ。

毎月1日に開かれている会社の朝礼会で面白いデータが発表されている。
受注量減産。前年比のデータと比較しても確かにそうなのだが
「休業日」をのぞく稼働日数で売上げを計算すると
1日あたりの仕事量は昨年の同時期を上回ってることがわかった。
言い換えれば現在の仕事は昨年より忙しくしているということ。
会社の中でもダラダラして平日5日間働くよりも、「休業」ねらいで
多めの仕事量を日々こなしているということ。
もちろん10割の休業補償がでれば誰も文句を言うわけもない。
…6割補償の自分だけをのぞいてな。

元々6割でなくても残業、休日出勤のない仕事なので手取りの月給は
なんとか生活が維持できるレベルだったのだが、こうも休業日が
積み重なってくるとシンドイ。
頼みの登録制Wワークも一度としてお声がかからずだったし…

次の仕事。
万が一、面接で落とされると恥ずかしいので
詳しくは書かないけど(苦笑)
チラシに書いてある通りの給料がもらえるなら
一気に生活を立て直すことができる。
正直、この仕事は逃したくはないと願っているよ。



願うといえば祈り?
母が再入院した頃から毎日欠かさず仏壇の水を交換しているのだが
その時に手を合わせたりしなかったりするけど
心の中で漠然とした祈りを捧げています。

今日9日か。母が亡くなってから1ヶ月経ったんだな。
26日には四十九日を迎える。
ウチは特に何するわけでもないけれど…
あ、私は26日はのんちゃん主演の舞台「ニューヨークの魔女」を
観劇しに新宿まで行ってきますよ。
最初は完売して半ば諦めてたこの日なのですが、問合せをして数日後に
キャンセル分がでたとのことで行くことができるようになりました。
初七日だった先月の16日には『MinakaMiX Live vol.1』だったな。

来月の3日には納骨。
仏壇の水交換はその日までは続けるつもりだけどその後はわからない。
自分にはやはり母の宗教を継ぐ気はない。
祈る気持ちは尊いと知っている。
でも特定の宗派に属することに対しては抵抗感を覚えるのだ。
仏壇に関しては納骨終わってからゆっくり考えるつもりだ。
どのみち来年の夏までに引っ越しを考えているなら
大型の仏壇は持っていけないだろうからなぁ。

今日は思いもよらぬ休業日となって
午前中から不燃物のゴミ出しだったので食器棚の整理とか
草むしり、役場に母の高額医療費の還付金手続きをしたりしたよ。
庭のあちこちに転がっている植木鉢もいくつかキレイにして
ゴミ出しにだせるよう準備をした。
ちょっとがんばりすぎて疲れたので午後からはクーラーの効いた部屋で
ゲーム「ゴーストオブツシマ」を遊びました。
景色が美しくてめっちゃ癒されますのぅ~♪
MAPを埋めたい派なので
本編をガンガン進めるよりも探索重視で遊んでおります。